女性にとってPMSはとてもツラいです。そんな時は低用量ピルであるトリキュラーを服用することで改善することができます。日本では他の国比べてまだまだピルを服用する女性が少ないですが、女性の味方とも思える効果があるので、生理痛や完璧な避妊をしたい方にはおススメです。

更新履歴

月経前症候群(PMS)にはさまざまな心身の不調があります。
頭痛、吐き気、めまい、腹痛などの体の症状や、イライラや落ち込み、不安感などの心の症状です。
私の場合はイライラがひどく、頭痛も頻繁にありました。
また、ちょっとしたことで落ち込み、涙もろくなってしまうこともありました。

生理が始まると嘘のように消えてしまう症状ではありますが、最中はとても辛く、どうにか改善したいと思っていました。
そこで勧められたのが、ピルの服用です。
ピルというと避妊というイメージがまだ強いですが、ホルモンのバランスを整えるのにも役立つのです。

私が服用することにしたのは「トリキュラー28」という低用量ピルでした。
「低容量」と間違って表記されることもありますが、正確には「低用量」です。
低用量ピルのメリットは、副作用が少ないことです。
ピルの副作用には吐き気やむくみ、だるさがあります。
特に飲み始めは副作用を強く感じることがあります。
しかし、私の場合は数日少し気持ち悪いと感じたものの、日常生活に支障が出るほどではありませんでした。
毎日就寝前に飲むことにしたのも効果的だったようです。
私のように月経前症候群(PMS)がひどい人は、病院で処方してもらいトリキュラーで快適に過ごすことをおすすめします。

ちなみに処方してもらったのは、婦人科のクリニックです。
まず最初に初診であることを告げて予約を行いました。
当日は問診表に「PMSが辛いのでピルを飲んでみたいと思っている」と書きました。
そして、血圧測定を行いました。
血圧には問題がなかったため、診察室で医師からピルの種類とメリットデメリットについて説明を受けました。
私は飲み忘れのしづらい28錠タイプがいいな、と思っていました。
そのため、この病院でもっとも多く処方されていると言われたトリキュラー28を選びました。

なお、トリキュラーには飲み忘れ防止の偽薬のないトリキュラー21もあります。
体に合う・合わないを見るために最初は2ヶ月分の処方を勧められました。
2ヶ月分飲んでみて特に問題がなければ、次回以降は最大6ヶ月分まで処方してもらえるとのことでした。

記事一覧

生理痛は個人差があると言われますが、おそらくほとんどの女性がそれぞれの体験談を持っていることでしょう...

成熟した健康な女性であれば必ず現れる「生理(月経)」ですが、この現象には一定のサイクルがあることが知...

女性の身体にやさしい食事についてご説明します。 ダイエット効果や美肌効果が期待できるリコピンはトマト...

多くの女性が生理痛を経験しています。 薬で治す人もいれば痛みに耐える人もいます。 生理痛は生理の期間...

月経前症候群とは、月経が来る10日ほど前から起きる様々な症状の事を言います。 代表的な症状としては、...

生理痛と一言でいってもその症状は人それぞれです。 痛みがある場所の種類や強さによっては日常生活に支障...

サイト内検索
人気記事一覧