女性にとってPMSはとてもツラいです。そんな時は低用量ピルであるトリキュラーを服用することで改善することができます。日本では他の国比べてまだまだピルを服用する女性が少ないですが、女性の味方とも思える効果があるので、生理痛や完璧な避妊をしたい方にはおススメです。

  • ホーム
  • ピルで生理痛緩和は出来るの?

ピルで生理痛緩和は出来るの?

生理痛と一言でいってもその症状は人それぞれです。 痛みがある場所の種類や強さによっては日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。 生理痛の原因となっているのはプロスタグランジンという物質です。 生理が起こる時に子宮内の古い膜がはがれおち、それが経血となって出てきます。 その時に痛み・熱・腫れを発生させるのがプロスタグランジンです。 このプロスタグランジンが出来るのを抑える薬が生理痛緩和の薬として使われています。 またこのプロスタグランジンが起こす炎症から胃痛や頭痛・吐き気などを起こす場合もあります。 この生理痛緩和にピルが使われる事があります。 ピルと聞くと避妊のために使う薬のイメージが強いですが、ピルは生理痛や子宮内膜症などの治療にも使われます。 ピルには女性ホルモンが含まれています。 服用すると体内の女性ホルモンの濃度をあげ、妊娠している時と同じような状態を作ります。 そのため排卵がおこらなくなり妊娠しなくなったり生理の経血が少なくなったりするため生理痛緩和が出来るのです。 特に経血が多い生理痛で悩んでいる方には効果が期待できます。 痛みそのものを和らげる薬ではないため服用を続けることで効果が薄れるという心配もありません。 ピルは必ず医師の診断と処方箋が必要になります。 内科や婦人科を受診し処方してもらいます。 ピルは必ず毎日同じ時間に服用し、毎日続ける事が必要です。 これを21日間続け7日間休薬するのが一般的ですが、成分の含まれていない休薬期間中の薬がセットになっているものもあります。 その方が飲み忘れをしにくいというメリットがあります。 それでも服用を忘れた場合、気付いた時にすぐに服用するようにします。 その次は予定されていた通りの時間に服用し続けます。 決して2回分を一度に服用してはいけません。 またピルを服用する場合は副作用の可能性を低くするために高血圧しなくてはなりません。
関連記事