女性にとってPMSはとてもツラいです。そんな時は低用量ピルであるトリキュラーを服用することで改善することができます。日本では他の国比べてまだまだピルを服用する女性が少ないですが、女性の味方とも思える効果があるので、生理痛や完璧な避妊をしたい方にはおススメです。

  • ホーム
  • ピルと中毒と飲み合わせについて

ピルと中毒と飲み合わせについて

ピルは高い避妊効果を期待できる薬なのですが、飲み合わせや副作用などが気になっている人もいるでしょう。
飲み合わせによっては中毒症状などが起きてしまうこともあるので注意が必要です。
心配な場合は「ピル 中毒 飲み合わせ」などといったキーワードで検索してみると良いでしょう。

副作用を避ける方法や中毒になった時の対処法を知っておくことにより、安心してピルを服用できるようになるのです。
ちなみに、複数種類の薬を同時に服用すると、単独で用いた場合よりも作用が低下したり、逆に増強したりすることがありますが、これを薬物相互作用と呼んでいます。
また、薬物相互の組み合わせは無数にあるため、分からないことも多いとされています。
医師や薬剤師は処方する薬剤の相互作用についてしっかり知っておく必要があり、ピルと他の薬剤を複数の医師が別に処方していてもそれぞれ確認できるようになっています。
ピルと相互作用のある薬はどのようなものなのかということですが、市販薬については飲み合わせを気にする必要はありません。
また、塗り薬など外用薬についても心配ないということです。
もし、どうしても心配なら4時間ほど時間を空けて薬を服用すると良いでしょう。

低用量ピルとの飲み合わせで避妊効果が低下してしまうとされているのは、一部の抗生物質や抗真菌薬、抗結核薬、抗てんかん薬などが挙げられます。
また、一部の風邪薬やサプリメントはピルの作用を増強するということですが、そのような薬にはピルの血中濃度を上げる可能性があるためです。
また、併用することで他の薬の効果を下げたり、作用が増強したりする薬もあるため、複数の薬を同時に服用したい場合は医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。

関連記事