女性にとってPMSはとてもツラいです。そんな時は低用量ピルであるトリキュラーを服用することで改善することができます。日本では他の国比べてまだまだピルを服用する女性が少ないですが、女性の味方とも思える効果があるので、生理痛や完璧な避妊をしたい方にはおススメです。

  • ホーム
  • 漢方療法で月経前症候群を治療

漢方療法で月経前症候群を治療

月経前症候群とは、月経が来る10日ほど前から起きる様々な症状の事を言います。
代表的な症状としては、身体的症状は下腹部痛や腰痛等、精神的症状としては、イライラや涙もろくなる等といった症状があります。
人によって症状の種類や重さが異なるという特徴があります。

月経前症候群の病院での治療方法の代表的なものとしては、薬物療法が挙げられます。
鎮痛剤や抗うつ薬、場合によっては低用量ピル等を使って、月経前症候群の症状を改善するという治療方法です。
しかし、月経前症候群は毎月のように起きる症状のため、頻繁にこういった薬を使う事になります。
その事に抵抗を感じる人も少なくないはずです。
そういった方に最適な治療方法が漢方による治療です。

漢方療法で月経前症候群を治療するという事は、身体の根本から体質改善を行って治療するという事になります。
使われる漢方薬は植物等の自然由来のものを原料としているので、副作用が少なく身体への負担が軽いという特徴があります。
月経前症候群の治療には、主に血のめぐりを良くする働きのある漢方が用いられます。
複数の種類を合わせて服用する事で、バランスの取れた効果を発揮します。
ただし、効果が実感出来るまでに数ヶ月を要するので、症状の改善を焦らない事が大切です。

関連記事