女性にとってPMSはとてもツラいです。そんな時は低用量ピルであるトリキュラーを服用することで改善することができます。日本では他の国比べてまだまだピルを服用する女性が少ないですが、女性の味方とも思える効果があるので、生理痛や完璧な避妊をしたい方にはおススメです。

  • ホーム
  • 生理のサイクルとその仕組みについて

生理のサイクルとその仕組みについて

成熟した健康な女性であれば必ず現れる「生理(月経)」ですが、この現象には一定のサイクルがあることが知られています。
ただし、誰もが同じ周期で訪れるわけではありません。
また、よく「月のもの」などとも表現されるように、毎月一度やってくる現象であると考えられがちですが、必ずしも月一度という周期でやってくるものとは限りません。
一般的に正常とされる周期は、「21日~35日」であり、平均的な周期とされるのが「28日」です。そのあたりの事情と仕組みについて、お話したいと思います。

生理のサイクルとその仕組みは、「女性ホルモン」が大きくかかわってきています。
その周期が女性ひとりひとりによって異なるのは、女性ホルモンによる影響が大きいからです。
というのも、女性ホルモンの分泌や働きは、同じ成分であったとしても、人によって微妙に異なるからです。
生理サイクルの仕組みは、生理が起こっている時期(月経期)以外のタイミングで、いくつかの女性ホルモンの傾向と密接に関係してきます。
その女性ホルモンの傾向が、「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」と呼ばれる時期によって分類されます。

卵胞期は、エストロゲンという女性ホルモンが、妊娠しやすい環境を子宮内に整える時期です。
排卵期は、黄体形成ホルモンという女性ホルモンの働きによって、卵子が卵胞から卵管へと放出される時期です。
そして黄体期は、黄体細胞でエストロゲンが分泌され、さらにプロゲステロンというステロイドホルモンが大量に分泌し、受精卵の着床が速やかに行われる環境をつくります。
生理のサイクルは、上記の「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」の長さによって決まってくることになります。
ですから、生理サイクルの仕組みを考えるときは「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」を踏まえて考える必要があるのです。

関連記事
  • 女性の身体にやさしい食事 女性の身体にやさしい食事についてご説明します。 ダイエット効果や美肌効果が期待できるリコピンはトマト... 2018年08月27日
  • 漢方療法で月経前症候群を治療 月経前症候群とは、月経が来る10日ほど前から起きる様々な症状の事を言います。 代表的な症状としては、... 2018年07月01日
  • ピルで生理痛緩和は出来るの? 生理痛と一言でいってもその症状は人それぞれです。 痛みがある場所の種類や強さによっては日常生活に支障... 2018年06月06日
  • 生理痛とホルモンバランス 多くの女性が生理痛を経験しています。 薬で治す人もいれば痛みに耐える人もいます。 生理痛は生理の期間... 2018年07月27日
  • 生理痛にまつわる悩み、体験談 生理痛は個人差があると言われますが、おそらくほとんどの女性がそれぞれの体験談を持っていることでしょう... 2018年10月28日
サイト内検索
人気記事一覧